メイク用のブラシには「天然毛」と「人工毛」とがあることはすでにご存知のことと思いますが、これらのブラシの性質の違いについてここでお話したいと思います。
もちろん人それぞれ使用感に対する感想が異なると思いますし、また、製品によっても全然性質が異なることから、すべてのブラシについてあてはまるとは言い切れない部分もありますが、一般論としてお話しますと、「人工毛のほうが消耗しにくい」というメリットが大きいです。

 
女性のメイクはほぼ日常的なことであり、すでに生活の一部となっている女性のほうが多いと思いますが、そう考えると、コスメアイテムの中でも非常に使用頻度が高い部類に属するので、人工毛のほうが丈夫で長持ちできるという点での利用価値は高いと考えられます。また、使用後の洗浄に関しても、自然乾燥したあとの使用感にほとんど変化がないので、ブラシのお手入れのしやすさという点でもおすすめではあります。

 
ただし、人工毛の場合だと、お肌との相性が悪いブラシにぶつかってしまう可能性もあります。これがデメリットと言えるかもしれません。まあそういうケースはあまりないとは思いますが、しかしブラシの影響で皮膚に変調をきたす場合もまったくないわけではないので、一応注意したほうがよいでしょう。