化粧ブラシに汚れが残ったまま使用するとキメが粗くなりメイクも上手くきまりません。こまめにティッシュなどで汚れを拭き取りましょう。また顔に当てるものであるため清潔に保つ必要があります。汚れが気になってきたら穂先がベタつき始める前に洗いたいものです。

 

ただし、天然素材などブラシそのものが持つ油分や抗菌力などがあるため洗いすぎもよくありません。正しい洗い方の理解が必要です。使用する洗浄剤ですが、油分を取らずに汚れだけを取るタイプの添加物の少ない洗顔石鹸がお勧めです。台所の中性洗剤や溶剤系ブラシクリーナーは洗浄力が強すぎて毛が固くバサバサになってしまうためお勧めできません。シンナーやアルコール入りの洗剤は毛切れや抜け毛の原因になるので使用は避けてください。まずブラシにぬるま湯を含ませ、石鹸の表面を2、3回軽くなでます。ブラシ内部に粉が詰まっている場合は石鹸を濃い目に溶かし、根元から押し出すように洗います。長時間石鹸水につけるとブラシ自身が持つ油分が抜けてしまうので、つけたまま放置しないでください。そして流水のぬるま湯で洗い流します。ブラシに石鹸成分が残ると毛が切れる原因になるので入念に洗い流すことが肝心です。

 

穂先を上に向けて、穂先の中心部分に向かって充分にお湯を流すと石鹸成分が残りにくくなります。洗い流し終わったら、毛がまっすぐになるよう押し包み先端に向かって絞ってください。毛が乱れた状態で乾燥させるとうねった毛になるので注意が必要です。毛の形を崩さないよう日陰干しします。ブラシを乾燥させた後、手に椿油等を1滴充分に馴染ませて穂先を撫でて油分を足しても良いでしょう。