山羊毛について

| 未分類 |

ブラシには主に動物の毛が使用されます。ブラシの用途によって質感の違う毛のブラシを使い分ける方もいます。ブラシの毛の原料には様々な種類がありますが、その1つに山羊毛があります。毛先が透明なのが特徴で、その長さが長いほど良質と言われています。柔らかく、粘りもあり、まとまりが良い毛質です。フェイスやパウダーブラシに最適とされ、使用される山羊の体の部位によって名称や特徴が違います。山羊の顎の下や、背筋にかける部分の毛を使用したものは粗光峰と呼ばれています。柔らかな肌触りですが、適度にコシがあります。

 

粉もよく含み、まとまりがいいことに加え、消耗度も低い特徴があります。筆先の形状や毛の量を変えれば、ハイライトやアイシャドウなど対応できる筆は広範囲に渡ります。メーカーによっては、白や茶色、黒など様々な色が発売されています。

 

元々の毛の色は白であるため、染めていない白の毛色が一番毛の痛みが少ないと言われています。山羊の肩の部分の毛を使用したものは、白黄尖と呼ばれています。コシがあり、粉の含みも良い特徴があります。粗光峰などと混毛に使用されることもあります。細長峰という種類もあります。粗光峰の部分から、特になめらかな毛を集めたブラシです。山羊の毛を使用したタイプでは最高級と言われています。